FC2ブログ

Past and Future

ほとんど雑談で、たまにノベルゲームの紹介をしたりします。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての宿屋さんとか片道勇者とか

更新頑張りますとか言ってたそばからこれだよ!
どうも。loftです。

それにしても、もう1月も終わりますね。忙しかったのであっという間ですね。
本当は昨年も今年も忙しくはあるのですが、昨年が「環境が変わった」系の忙しさだったのに対して、今年に入ってからは「ルーチンワーク」系の忙しさなので、昨年長く感じたこととのギャップもあってものすごく短く感じます。
あと2年弱はこの「ルーチンワーク」系の忙しさとの戦いになりそうです。つらい。

この3週間、しばらく片道勇者にハマってます。
WOLFRPGエディターの製作者さんの「強制横スクロールRPG」とのことですが、実際プレイしてみるとどちらかといえばローグライクに分類されるのかな、という感じのゲームです。
私はかなり飽きやすい性格なので、あまりRPGには向かない性格なのですが、スパンが最大3時間程度、セーブは一応できますが基本的に死んだら即終了なので、そこが。
RPGも、基本的に好きなんですが、クリアまでが長すぎなんだよなあ、と思ってた自分にはピッタリだったのかなあ、と。
実は片道勇者の前に(ちょうど前回の記事を書いていた頃)「はじめての宿屋さん」という経営SLGもやっていたのですが、これも4~5時間程度と1周は少し長めなのですが、内部時間で1年来るとED迎えるので、結構楽しんでました。

RPGも経営SLGも、長くしようと思えばかなり長くできてしまう(後者に関してはEDを設けないことすらできる)のですが、短く区切りがあると目標も立てやすいですし、比較的飽きにくくなるので、良い気がしますね。
制作する側にしても、分かりやすくスコアを設けやすいとか、あとは単純に労力減りそうでもありますし、そう考えると、開始から終了まで短くするというのは、なかなかいい考えな気がしてきました。
今こういうゲーム多いんでしょうかね。



そういえば、Aura911さんの「Homeless, the vagabond」の最初の舞台である大月に行ってきました。
(と、書いておいてからなんですが、場面は出てこないけど、実は甲府だった模様です)
全然行ったことなくて、作中の背景写真やら文章やらで、大月って結構都会なんだろうな、なんて勝手に思っていたのですが、いざ行ってみたら山の中でした。
実際行ってみると、イメージ変わってくるもんですね。
特に、HTVの背景写真、作中に出てくる場所で撮った写真が使われているので、ああ、こういうルート辿ったんだなあ、なんて思ったりもしたりして、なかなか楽しかったです。
これを機に他にもいろいろ行ってみたくなりましたね。
HTVの他の都市にも行ってみたいですし、かの有名な「ほしのの。」の栃木の星野にも行ってみたいなあ、と思ってます。
その他にもご当地ノベルに出てくる場所にいろいろ行ってみたいです。
まあ問題はこの忙しい中その時間があるか、という話なんですが……。



そういえば、これ500記事目だったんですね。
いろいろ消したりしてるので、今公開している記事数とは一致しないですが……。
これといって特に何もしませんw

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。