FC2ブログ

Past and Future

ほとんど雑談で、たまにノベルゲームの紹介をしたりします。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去の文章

自分の過去の文章って、読んでいて恥ずかしくなりませんか?
なんて稚拙な文章を書いていたんだ、とかね。
(今の自分の書く文章が稚拙ではない、ということではないですが^^;)
そりゃあまあ、その当時は、悪くない、と思って書いているわけですよ。
「完璧だ!」というところまではいかないとしても、さすがにネット上となると、
誰が読むかわからないわけですから、自分が読んで、これはあかん、
と思うような文章はさすがに上げられませんね。
だとすると、余計恥ずかしい。
こんな幼稚な文章に自信を持っていたのか!とね……^^;
ごくたまに、昔の自分の方が上手く書いてた、なんてこともありますが、
それは例外中の例外であって、大抵は今の方がまだマシです。


それは自分が成長したからで、今の文章は悪くない、と思えればいいのですが、
最近、文章の書き方をかなり意識するようになって、改めて自分の書き方の悪さを
痛感したばかりなので、あまりそうとも喜べない、というのが難しいところです。
数年後になれば、この文章もそうなる可能性が十分すぎるほどあるわけで。
まあそんなことを気にしていては、何も出せなくなってしまうのですが。

それに、ネット上に残った文章は、消さない限り、10年も20年も消えないわけですから、
自分がこうしている間にも読まれているかもしれないわけで、そう考えると文字通り恥晒しですよね。
たとえば、このブログ上にある文章だと自分の思うようになります。
今消そうと思えば自分でいくらでも消せるわけです。ぽちっとね。ボタン一押しで。
ところが、自分が管理していない掲示板とか、
削除・訂正のきかない場所に書いた文章だとそうはいかない。
あとは、だれか他人向けに宛てて書いた文章。
なんと失礼極まりなかったことか、と。何年前の文章でも(というか昔に遡るほど)、
今から書き直して、お詫びのメールを送りたいくらいです。


いろいろ考えると、このブログはあまり人が来ない(笑)ですし、
訂正しようとか、削除しようと思えば、自分の思うままにできてしまうので、
長めに書く必要があることを考慮に入れても、一番気楽に書けるツールなのかなあ、なんて。
最近は長文(というほど長くもないが)を書くこともあまり気にならなくなってきましたし。
Twitterって、あれは気楽に書けるようで、私にとってはかなり恐ろしいツールです。
ある一定の人数に、ほぼ瞬時に出した文章が伝わるわけですからね。
少なくとも、間違えても訂正すればいいや、ということはまず上手くいきません。
それに、無関係、あるいは共通点の薄い人にも比較的見られやすい。
ちょっとでも共通の話題があれば、検索すれば見つかってしまいます。
しかも、一見『気楽に書けそう』、というのが落とし穴で、うっかりした事を書きやすい。
「飲酒運転しました^^」という類のことが書かれ、時々問題になったりしますよね。
ちょっとしたことで人生を不意にするわけですから。ああ、なんと恐ろしい(笑)。
私の場合は一つのツイートに10分かけることもザラにあります。
気楽に投稿できることが売りのTwitterで、気楽に書かないなんて、
Twitterをしている意味があまりないのかもしれませんが^^;
でもそういうことを考えていないと、なんか恐ろしくありませんか?


なんか最後の方は話が脱線してしまいましたが、
でも最近はこういう心構えで文章を書いていたりします。
インターネットを使う人がますます増えてきている現代なので、ね。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。