FC2ブログ

Past and Future

ほとんど雑談で、たまにノベルゲームの紹介をしたりします。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ghost Write

ゴーストライターをしている主人公と、お隣に住む中学生との、ちょっと変わったハートフルストーリー。


作品情報
制作者 かめソフトさん(DLはこちらから)
容量(解凍後) 38.8MB
選択肢 なし
参考プレイ時間 2時間


前回の記事の話題とも若干関連させて。とはいっても偶々ですが^^;

更新再開後初感想。







さて、半年ぶりの感想、トップバッターは「Ghost Write」です。
ゴーストライター、という職業について、ご存知の方はどれだけいるのでしょうか。
かく言う私も、一度とある小説でそれについて読んだことがあるっきりでしたし、
実情はともかく、それを知っているという人は少ないのではないでしょうか。
私も気になってwikipediaで見たのですが、その内容は一言で言ってしまえば「代筆」
です。でも、実際の業務や、その背景にある事情はいろいろあるようでした。
今回の主人公のように1から書き上げる場合もあれば、読み上げられた文章を
ひたすら書かせる場合も、他人の文章を訂正する場合もあるようで。
それにしても、代筆って頻繁に行われているらしいですね。
物書きを生業としている作家、しかもかの有名な川端康成でさえも
代筆をさせていたことがあるというのですから、ちょっと意外です。


さて、このノベルは、そんなゴーストライターが主人公となるという点で珍しいかもしれませんが、
ストーリーにあまり起伏はありませんし、登場人物もときどき見かけるような
「こんな奴実際にいるわけねえだろ!」と言いたくなるような突飛なキャラはほとんどいません。
ですが、それがこの作品の良さを引き出しているように感じます。
実物を知らない私が言うのもなんですが、近所の商店街の方々との付き合いとか、
大学時代の友人との交流とか、そういった日常の描写にリアリティが出ていた気がします。

あと、特筆すべきなのは文章ですね。
私が思うに文章の上手さには2タイプあって、実際のプレイ時間よりも短く感じるタイプと、
それとも極端に長く感じるタイプなのですが、この作品は前者です。
会話文の入れ方のテンポがよく、かつ文章が下手に難しくなくて、しかもストーリーに
時々はさまれる描写があまり説明っぽくなくて、すらすら読めてしまうような文章でした。
主人公の会話にも、「文章はふくらませるよりも削る方が難しい」とか、
「アイデアは忘れやすいから、メモに書いておくことにしている」とか、(他にもたくさん)
結構私も共感できたり、もしくは文章を書くときの参考になりそうなことが多く書いてありました。
大学生のレポートを書くコツなんかも書いてあるので、学生の方は是非ともプレイしてみては(笑)


逆に、気になった点としては、このノベルのテーマが見えてこないことですね。
公に名前が出ることのないゴーストライターの苦悩についてなのか、
それとも年の差がある主人公とヒロインの恋の行方なのか。
この2つのどちらかでもちゃんと煮え切っていればいいのですが、どちらもどこか中途半端で、
不完全燃焼なところが残っている気がしました。
前者について言えば、もうちょっと先まで書いて主人公が本を出すところまで書くとか、
後者について言えば、ヒロインが主人公を好きになるような布石が欲しかったです。
苦悩はまだしも、恋愛面はなんか唐突で、しかもあっさりなので、後付け感がどうも拭えないんです……
あとは、些細なことですが、背景はもうちょっと暗めの方が文字が見やすくなると思います。


といっても気になったのはそのくらいで、立ち絵がないからと言ってマイナスになるような作品では
ないですし(むしろない方がいいかもしれない)、あまり書けませんでしたが、BGMの選曲も絶妙です。
メッセージ性も強烈なわけではないので、いい意味で万人向けの作品ですし、
誰にでも文句なしでお勧めできる作品です。特に学生さんには。(まだ言うか^^;)

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。