Past and Future

ほとんど雑談で、たまにノベルゲームの紹介をしたりします。

logs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖地巡礼(?) in栃木 前編

御無沙汰しております。loftです。
油断していたら、どんどん時間が過ぎてあっという間に1か月半が経っていました。
今年は更新頑張るといった宣言は何処へ。

さて。
前回の記事辺りで「ほしのの。」の星野に行きたいなあ、的な事を言っていましたが、日帰りで行ってきました。
18きっぷを使って行ったので、この後は栃木市内を歩いたり、日光東照宮の手前まで行ったりしたのですが、それはまた次回に。(力尽きた)


以下、旅行記です。(追記よりどうぞ)

...続きを読む

スポンサーサイト

はじめての宿屋さんとか片道勇者とか

更新頑張りますとか言ってたそばからこれだよ!
どうも。loftです。

それにしても、もう1月も終わりますね。忙しかったのであっという間ですね。
本当は昨年も今年も忙しくはあるのですが、昨年が「環境が変わった」系の忙しさだったのに対して、今年に入ってからは「ルーチンワーク」系の忙しさなので、昨年長く感じたこととのギャップもあってものすごく短く感じます。
あと2年弱はこの「ルーチンワーク」系の忙しさとの戦いになりそうです。つらい。

この3週間、しばらく片道勇者にハマってます。
WOLFRPGエディターの製作者さんの「強制横スクロールRPG」とのことですが、実際プレイしてみるとどちらかといえばローグライクに分類されるのかな、という感じのゲームです。
私はかなり飽きやすい性格なので、あまりRPGには向かない性格なのですが、スパンが最大3時間程度、セーブは一応できますが基本的に死んだら即終了なので、そこが。
RPGも、基本的に好きなんですが、クリアまでが長すぎなんだよなあ、と思ってた自分にはピッタリだったのかなあ、と。
実は片道勇者の前に(ちょうど前回の記事を書いていた頃)「はじめての宿屋さん」という経営SLGもやっていたのですが、これも4~5時間程度と1周は少し長めなのですが、内部時間で1年来るとED迎えるので、結構楽しんでました。

RPGも経営SLGも、長くしようと思えばかなり長くできてしまう(後者に関してはEDを設けないことすらできる)のですが、短く区切りがあると目標も立てやすいですし、比較的飽きにくくなるので、良い気がしますね。
制作する側にしても、分かりやすくスコアを設けやすいとか、あとは単純に労力減りそうでもありますし、そう考えると、開始から終了まで短くするというのは、なかなかいい考えな気がしてきました。
今こういうゲーム多いんでしょうかね。



そういえば、Aura911さんの「Homeless, the vagabond」の最初の舞台である大月に行ってきました。
(と、書いておいてからなんですが、場面は出てこないけど、実は甲府だった模様です)
全然行ったことなくて、作中の背景写真やら文章やらで、大月って結構都会なんだろうな、なんて勝手に思っていたのですが、いざ行ってみたら山の中でした。
実際行ってみると、イメージ変わってくるもんですね。
特に、HTVの背景写真、作中に出てくる場所で撮った写真が使われているので、ああ、こういうルート辿ったんだなあ、なんて思ったりもしたりして、なかなか楽しかったです。
これを機に他にもいろいろ行ってみたくなりましたね。
HTVの他の都市にも行ってみたいですし、かの有名な「ほしのの。」の栃木の星野にも行ってみたいなあ、と思ってます。
その他にもご当地ノベルに出てくる場所にいろいろ行ってみたいです。
まあ問題はこの忙しい中その時間があるか、という話なんですが……。



そういえば、これ500記事目だったんですね。
いろいろ消したりしてるので、今公開している記事数とは一致しないですが……。
これといって特に何もしませんw

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。loftです。
本年もよろしくお願いします。
できるだけ更新するように頑張ります。

見ている分には特に変わりはないですが、このブログのジャンルをその他から趣味・実用にしてみました。いまいちしっくりくるジャンルが無かった。(だから今までその他にしていたのですが)
ゲームの方が良かったかなあ、という気がしないでもないですが、もうちょっとノベルゲーの感想が書けるようになってから考えた方がいいかなあ、と思いまして。
ここに来てくれる人の層が変わったりするのかなあ。


三が日ももう終わりますね。私は30日から2日まで帰省していました。
ラッシュから少しでもずらそうとしたら、トンボ帰りな感じに。

その時のことですが、親戚の家に挨拶に行ったときに、「あけましておめでとうございます」という言葉、去年が終わってめでたいということは、暗に去年が悪い年だったということを言っているんだよね、という感じの話をしたんです。
そうしたら、「単純に去年より今年がいい年になるだろうからめでたい、ということじゃないの?」と言われてしまいまして。
いやあ、ひねくれた考えを披露してしまって恥ずかしいばかりでした。つらい。

本当は、大変な年の瀬を無事終えることができてめでたい、という意味らしいですが。
(ネットで調べただけの情報なので正しくないかもしれないですが)
それにしたって、後ろ向きより前向きな考えの方がいいですよね。
今年は、前向きに生きていけるように頑張ります。頑張ること2つ目。



話は変わりまして。(本当に上の話と全く関係ないです)
結構初期のころから感じていた、ノベルゲームプレイ後のモヤモヤ感の正体について。

正体が分かるとノベルゲームに限った話ではないのですが、過程のほうばかりを描写する話が多くて、その後の方に目を向けてる話ってそう多くないですよね。特に最近は。
恋愛の話であれば、主人公とヒロインが恋に落ちて成就するまでで終わってしまう話が多くて、その後にいちゃつくなりなんなりする場面を描いてくれる話が少ないなあという。
どうも自分はそういう場面が好きらしくて、それでモヤモヤを感じていたんだなあ、ということについさっき風呂から上がったところで気づきました。
その後どうなったか気になって、自分であれやこれやと妄想するけど、なんか違う。

うーん、そういう願望はマイナーなんでしょうか。
多分私が日常パートが好きなのも同じ理由なので、日常パートが長い作品に、冗長な感じがして飽きてしまう、とレビューがつくことが多いのを見ると、やっぱり「その後」の話もつけてしまうのは嫌う人が多いんでしょうねえ。
それの他にも、「読者の想像に任せたい」というのもよく見ますし。
まあ、「その後」も書くべきだ!とまでは思いませんが、書いてくれる人増えないかな~とは思ってます。むしろ、「その後」だけを描いた作品なんてのもどうでしょう。
自分でストーリーを書ければ書いてみたかったなあ。


復帰(?)

えー、お久しぶりです。loftです。
実に4ヶ月ぶりになってしまいました。
言い訳としては、途中まで書きかけた記事が幾つかあるとか、書こうと思ったときにちょうど忙しかったとか、いろいろあるんですが、つまるところ、モチベーション的な問題です……。
文章書かないうちに下手になっているのが感じられてしまって。
とはいえ、そろそろダンおにサイトの方は消し時かなと思ってますが、ここは当分消すつもりはないので、もうちょっと頑張ってみようと思います。といっても、更新しなければ頑張ってすらいないわけですがw



そういえば、前回の記事に書きましたが、夏の北海道は楽しかったです。
今更細かいことも思い出せないので、写真を3枚だけ。

DSC_0045.jpg

DSC_0057.jpg

DSC_0063.jpg

上から順に道東のどこか(女満別周辺だった気が)、阿寒湖、小樽って感じだったと思いますが、今振り返ってみると随分長旅でしたね。
でも、気持ち良かったのでもう一度行きたいです。
お金と時間さえあれば、という条件付きですが……。



ノベルゲームの方は、ぼちぼちプレイしてはいるとはいえ、短編orプレイ済み作品がほとんどなので、あまり大層な事もかけないのですが、最近プレイした作品の中では「箱庭のうた」(http://takusym.co.jp/tetra_strike/)が面白かったですね。
プレイ時間は10時間~という感じなので、フリーの中ではかなり長い部類に入ると思います。
ストーリーが、SFと離島ものを足し合わせた感じで、話の大きな流れはよくあるような感じの作品ではあったのですが、話の中に散りばめられた伏線の収束の仕方が実に巧妙で。
具体的には書かないでおきますが、これはオススメできる作品です。
絵もシステムも洗練された感じで、良くも悪くも「イマドキ」の作品です。

ちなみに、作品自体とは関係が無いのですが、サイトの方を見ると分かる通り、この作品の制作サークルさんは会社形態を取っているようで、どんどん同人ゲーム界も変わっていくなあ、と感じました。
複数人で制作した作品の著作権管理とか、サークルメンバーの途中加入・脱退とか、そういうことを考えると、なるほど会社形態は合理的なんですよね。
当然タダで会社が建てられるわけではないので、その辺のコストとメリットとを照らし合わせて、という感じになるのでしょうけど。



それでは。よいお年を。
ノベルゲームレビュー、プレイはしているので、是非とも来年は復活させたいなあ……。

艦隊これくしょん

最近流行っているそうですね。
というわけで、私も実は始めてみたんです。
ソシャゲっていうんでしょうか、ああいうタイプのゲームは
遠い昔に2,3回やって、どうも肌に合わなかったので止めていたんですが、
いやあ、面白いですね。艦これ。
自分の性格からしてすぐ飽きちゃうんですけどね。こういうゲーム。

要はWWⅡで使われてた戦艦とかを擬人化して戦闘させて云々、というゲームです。
多分シンプルさと、無課金でも課金者とそれほど差がつかないようになってるのと、
あとはユーザー同士の交流をほぼ必要としないのがいいのかもしれないです。
ユーザー同士の関係を利用するソシャゲって多いじゃないですか。
パーティー組んで協力して敵を倒す、みたいな。
そういう人間関係に疲れた人が流れてきてるんじゃないかなあ、とか。


Novelers' Materialのオープンベータ版?が公開されたようで。
主にデザイン面の変更のようですね。
字が大きくなって、視認性がよくなったような気がします。
ちょっと色がどぎついですが……w
グリッド表示も見やすくていい感じです。


というわけで、お久しぶりです。(何が「というわけ」なのか)
また1ヶ月以上空いてしまいました。
特に忙しかったわけでも何でもないんですが、
更新する習慣が抜けてしまっているので……。
ペース回復するまでは、変にノベルゲームの話題とか考えずに、
適当な話題でもどんどん更新してしまったほうがいいのかもしれませんね。
どうせ関係ない話題になってしまいますし^^;

更新しないし見る人もいないなら消してしまえ、という考えも
あることにはあるのですが、こうして長文で言いたいことが言える
場所がなくなってしまうというのは、ちょっともったいないなあ、なんて。
そんなことを思っているので、1年に1回しか更新しなくなっても
ここは残っていると思います。多分。
他人に見せびらかしたいというより、とりあえず思ったことを書いて満足したい
のかもしれないです。もちろん前者の欲も無いわけではないですが。

ブログ、いいですよ。自己満足するには持って来いですw
気軽にできる割に、ある程度長文が書けて、書いたことは残るので。


流石にこの更新頻度と適当さでは、次に何を書く、なんて断定したところで
大して意味は無いので、次に何を書くかは決めないでおこうと思いますw
(別にそれは不思議な事でも何でもないのですが^^;)
今夏北海道に行く予定があるので、それについて書くかもしれないです。

Paging Navigation

Navigations, etc.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。